FC2ブログ

【M9.0】大地震から4日経ちました

3月に入り、色々と地域行事や会合でワカサギ釣りにも行く時間が無く、釣りはおしまいだと決めていた。


その日(3月11日)は休みで午前中は足にできたイボの治療(昨年暮れから通院)で皮膚科に行き、治療終ってから黒工(黒沢尻工業高校)隣りの床屋さんに行って頭をサッパリして来た。

午後からはビニールハウス解体の皆さんが来たので自分も一緒になって「形だけ」のお手伝い。


14時46分
「ビー、ビー、ビー」と聞いた事の無い音が鳴った。何処から鳴ってるんだ?と辺りを見渡しても音の鳴りそうなモノも無い。ちょっとしてからポケットに入っている携帯からだと気付いた途端にそれは起きた。


ごう音と同時に地面が波打ち、立っていられない大きな揺れ。まるでめまいしているようだ。

外にハイエースを置いて有ったので「家が倒壊したらハイエースが潰れる!」と家よりハイエースを守ろうと小屋からハイエースの有る所までダッシュ。ドアを開けて乗ろうとしても揺れの大きさで乗れない。1t以上もある車がバウンドしているのだ。

屋根からは瓦が降ってきた。

クルマにキズをつけたくない~!っと必死の思いでクルマに飛び乗り、揺れならも安全の場所に移動した。


こりゃ大変な事が起きたと家の事はさておき、4月から地元火消しの部長になる私は目の前の屯所に走った。
1_屯所
屯所は無残にも陥没し、液状化現象が起きていた。建物自体にも亀裂が走っていた。

そして
デカイ余震が何度も来る中、管内を巡回した。

とある団地。
2_陥没
アスファルトが裂け、土砂崩れしそうだ。危険なので目印の代わりに土のうを置きました。

地面はいたる所に亀裂ができ、マンホールが飛び出していました。
3_亀裂 4_隆起
他にはブロパンガスが倒れたり、ホームタンクがひっくり返ったり、電柱折れ・水道管破裂列等多数あり。

これにはびっくりした。
5_折れ
新幹線の電柱が折れ、電線に寄りかかっていた。
6_折れ
もうちょっと先の場所では柱が崩れ、中の鉄筋がむき出して曲がっていた。

巡回から戻り、屯所のTVで被害状況を見ようとしても停電で見れない。クルマに付いてあるTVを付けたら唖然とした。
津波で街が無くなっていた。

私はイカ釣りに大船渡や高田方面に良く行くのだが、フィッシングサンゴ大船渡店の上まで津波が押し寄せた映像をみてショックだった。


電気も無く、水道も止まり、電話も繋がらない。唯一の情報源は消防無線とラジオだ。
何度も管内を巡回し、被害状況を消防本部に無線で報告。

家に帰りたいが、この大地震で本部より解散の指示は深夜になっても出ない。そーしているうちに本部より北上駅前の避難所に避難支援の無線が入る。

12日 午前0時。
長期戦になりそうなので交代で避難所の警戒にあたった。

結構、携帯の充電を頼まれた。クルマ用の携帯充電器は意外に役立った。かな?


13日 午前8時に避難所支援部隊の解散指示が出た。
家に戻り、午後2時まで電気の入っていないコタツで熟睡。
夕方には電気・ガス・水道も復帰した。アリガタヤ。


そして今日、やっと家の片付けに手を付けた。

ハチロクの屋根に蛍光灯が落下して蛍光管が割れていた。
7_蛍光灯落下
天井がちょっと凹んでフロントガラスにキズ付いてた。

数枚、屋根から瓦が落下した。
8_瓦 9_瓦
下の屋根で落ちかかっていたものあった。下に人が居たら死んでたかも?

ブロック塀が数個落下、石灯篭も崩れていた。
10_ブロック塀 12_庭石
こんなの、宮城県沖地震以来の事です。


東北沿岸の街は壊滅的な被害に見舞われました。
私事ですが、大船渡市の盛に住んでいる私の叔母の安否が未だにわかりません。
IBCラジオの安否確認にメール送信しましたが・・・。
岩手県警の安否確認相談ダイヤルにも電話してみます。


頑張ろう東北、頑張ろう岩手!  
みんなで分け合えば、できること。

ポチ↓ワンクリックと言わずに何度も押して下さい!ポチ↓
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogramランキング参加中!
関連記事
スポンサーサイト



0Comments

Add your comment